湘南台サロンフォトギャラリー

 

 

  
  
  
  

  

春節とは中国のお正月で伝統ある祝い事であり、中国だけではなく、全世界の華人にとって最も大切な伝統

的な祝日です。

春節は国民の祝日で多くの人は一カ月の連休になります。 春節は4000年以上もの歴史があります。

春節が近づくと人々は年越し用品を買い、大晦日には家族みんなそろって夕食を食べます。そして吉祥と

おめでたい気分を

表す絵や対聯(「ついれん」といい、おめでたい言葉を赤い紙に書き、門や入り口の框に貼るもので新年を

祝い邪気を払う言葉を書く)を掛けたり、生き生きとした植物で部屋を飾ったりして新しい年を迎えます。

餃子と餅など、盛りだくさんな食べ物が食卓に並びます。

街の至る所が飾り付けされ、爆竹が鳴り、互いに新年の挨拶を交わし、龍と獅の踊りや縁日が行われます。   

  


  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


端午節は春節・中秋節に並び、中国の三大伝統節句とされ、とても重要な祝日。端午節は旧暦の55日に当たります。

この祭りは春秋時代の

詩人屈原を記念する祝日です。この祭りを祝うには、多彩なイベントが行われます。門に菖蒲を飾って邪気を払ったり、

チマキを食べたり、賽龍舟((ドラゴンボート・レース)を開催したりします。  



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


中秋節は旧暦の815日で、新暦の9月、10月頃です。2016年の中秋節は新暦の915日で、16日と17日の連休が

あります。中秋節は春節に次いで中国第二番目の伝統的な祝日です。中秋節の丸い月は団欒を象徴し、この祭りは

「団欒節」とも呼ばれています。

毎年、中秋節になると、人々は各地から家に帰り、家族と一緒に団欒の食事をします。

中秋節を祝う習慣は3000年余の歴史があり、古代の月祭りまで遡ることができます。

月餅を食べながら、月見をするのは風俗です。地方により、月を祭る、カボチャ、タニシを食べる習慣もあります。

中秋節に親友の間に月餅を送ることも流行って、お互いに祝福の意を表します。